見えないものを追う(ジャーナリスト目線)

いまの時代には、隠されたもの、見えないものが多くあります。情報の洪水に飲み込まれそうになりますが、冷静に目を凝らすと、いままで見えなかったものが見えてきます。五感、六感を使って真実を手繰り寄せます。

公の場ではほとんど議論にならない話をお伝えします。「なんか怪しい⁉」「なんか臭う⁉」「どうもしっくりこない⁉」がスタートです。その直感を頼りに、さらに一歩踏み込んでいきます。このページは「ジャーナリスト目線の個人的なつぶやき」です。(写真は、ウチの畑の人参の種。)


単純なロジック「だれが得をする?」

この世には、不思議なことがいっぱいあります。そのなかで「食と健康」にジャンルを絞っても、情報があふれていてワケがわかりません。私は、子供や孫のために、ただ安全な食糧を確保したいだけなのに。 命に直結する「食べ物」のことで…

コメントなし

安全基準のトリック

農薬や食品添加物には、残留量や使用量に「安全基準」というものがあります。一見、科学的に見えるし、専門家が自信ありげに断言するので、「ふーん、そういうものか」とウッカリ信じてしまいそうになります。 それに、メーカーや専門家…

コメントなし

医療と食品業界のタブー?

考えてみれば、毎回、とても不思議に感じていたことを思い出しました。医療関係の情報を集めようとすると、例えば「ワクチンは危険である」とか「ワクチンは不要である」とか。あるいは、がん治療に「抗がん剤は効かない」とか「抗がん剤…

コメントなし

もとをただせば? 誰の責任なのか。

よくよく考えると、食や健康について軽く考えていたのは、私たち初老の世代(50代後半)だったのです。最近、「いまの世相」について妻と話していて、結論はそんなところに行き着きます。 私たちの世代(昭和30年代後半生まれ)は、…

コメントなし

栄養価と安全性の根拠~CMのまやかし

私たち現代人は、健康にかかわるテレビ番組が大好きで、「〇〇を食べると健康に良い」と著名人が言えば、先を争って○○を買い求める風潮があります。 私もそのなかの1人でしたが、いまは目が覚めて、深く反省しています。 &ensp…

コメントなし

本当の食糧自給率~国として成立していない⁉

ずいぶん昔から、「日本の食糧自給率がどんどん下がっている。何とかして自給率を上げよう」と日本政府は社会に呼び掛けています。しかし、それがただのポーズだとしたら? 日本の食糧問題には、政府も、政治家も、役人も、学者も、財界…

コメントなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加