農薬と肥料の問題を知ろう

日本は、農薬の使用量(単位面積当たり使用量)が世界トップクラスと言われています。農林水産省の最近のデータによると、日本は韓国と1位、2位を争っています。少し前まで中国もあやしまれていましたが、実際のデータを見ると、だいぶ離れてオランダが3位、イギリスが4位です。中国は出てきません。

統計データで「異常なほど農薬使用量が多い日本」の食品業界は、国内の消費者向けに口をそろえて「安全安心な国産野菜」とアピールしています。

果たして農薬使用量世界一の日本の農産物は、実際のところ安全なのか?

また、ほとんどの人が疑問に思わない肥料の使用も、安全性に問題が出てきています。

ここでは、農薬や肥料について、一般に知られていない事実をお伝えしていきます。


農薬を「消毒」と呼ぶ生産者

スーパーの生鮮品コーナーに行くと、色鮮やかな野菜がたくさん並んでいます。生産者が日々の努力で育てている野菜たち。しかし、ほとんどの消費者は、その生産現場を知りません。おそらく、知っていたら、いまのような世の中にはなってい…

コメントなし

肥料が危ない⁉ ついに“その時”がやってきた

いまから2年ほど前のことです。国(農林水産省)から都道府県へ、都道府県から市町村へ、市町村からわれわれ生産者へ、ある警告文書が配布されました。それは、肥料が危ないという内容のものです。 といっても、すべての肥料というわけ…

コメントなし

緊急‼グリホサートという「除草剤成分」

除草剤の影響について緊急にお知らせします。このブログでも、これから詳細に事実を積み上げていく予定ですが、アメリカでは世界で最も早く、敏感に反応が出ているようです。 カリフォルニアの裁判所(陪審)は、原告男性の末期がんの原…

コメントなし

小児用ワクチン(5種類)から除草剤検出

子供たちの命を守るべき予防接種のワクチンから、発がん性が疑われている猛毒のグリホサートが検出されたという衝撃的なレポートがあります。2016年9月6日、アメリカで「Moms Across America」というサイトを運…

コメントなし

「グリホサート」とは?(基礎知識)

「グリホサート」は、日本では聞き慣れない名前です。けれども、ホームセンターに行けば、農薬コーナーに山積みになっている「ラウンドアップ」という除草剤を見たことのある人は多いと思います。(いまはジェネリック品も多数出回ってい…

1件のコメント

「グリホサート」とは?(基礎知識)2

グリホサートだけでなく、農薬や食品添加物の安全基準は「ppm」(ピーピーエム)という単位がよく使われています。1ppmと言われても、なかなかイメージはできません。数字としては「100万分の1」の意味です。以前、水道に含ま…

コメントなし

注意‼ 風疹ワクチンの農薬汚染

このところ、「風疹が激増している」というニュースが流れています。その延長で、アナウンサーや解説者が「風疹のワクチン接種」を勧めています。しかし、ワクチンが農薬で汚染されているという情報が世界中に流れているなかで、なぜ日本…

コメントなし

一滴の除草剤(毒)が人間を破滅させる?

数字で示すことは、時には有効ですが、数字の羅列はかえって分かりにくいと言われます。しかしこの数字は、私たちの命に直接かかわっているので、放っておくわけにはいきません。 最近、何人かと話していて、「それは大変なことですね」…

コメントなし

人気食品(米国)からグリホサート大量検出

日本にも輸入されているアメリカの人気食品から、除草剤の主成分「グリホサート」が大量に検出されました。アメリカのNGO「Food Democracy Now!」と「Detox Project」の合同調査によって明らかになり…

コメントなし

グリホサート裁判ニュース~ドイツでは2週間連日連夜⁉

除草剤ラウンドアップの主成分である「グリホサート」に発がん性が認められた米・カリフォルニア州の裁判結果は、やはり世界中で大騒ぎになっているようです。 この裁判は、小学校の庭の手入れを仕事にしていた男性が、グリホサートの使…

コメントなし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加