病を乗り越える

日本人の2人に1人が「がん」になる時代になりました。治療法がないという「難病」も、種類が年々増えています。(食習慣が原因ではない)小児糖尿病Ⅰ型といった“不可解”な病気も増えています。

アトピー性皮膚炎や喘息などは、子供から高齢者まで広く罹患し、いまの社会は、「人間は病気になるもの」あるいは「歳をとったら介護される身になる」といったネガティブなイメージが、すっかり浸透しているように感じられます。

さまざまな病の原因は何か、またその治療法は?

私は、そのカギを握るのが「食」や「食習慣」だと考えています。そんな視点から、病を克服するための情報を集めています。


多発性硬化症からの脱出

原因も治療法もわからない難病は、年々種類も患者も増えているそうです。「多発性硬化症」という難病から見事に脱出された方にお話をうかがってきました。(2018年3月2日) 千葉県多古町にお住いの矢澤淳良(やざわ・あつよし)さ…

コメントなし

がんの発生は自然食で抑え込む

スキルス性胃がんステージ4を克服した千葉県木更津市の泉水繁幸(せんすい・しげゆき)さんにお話をうかがってきました。(2018年3月12日) 「あなたは、スキルス性胃がんです」 いまから5年前、身体の不調を感じて病院に行っ…

コメントなし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加