いますぐ試すには

健康レシピを今すぐ試したいけれど、手元にある白米を捨てることはできないし、なかなか自然農法のお米は高くて尻込みする。そんな場合には、いまある白米を使って、可能な限り「究極の健康レシピ」に近づける方法をご紹介します。

基本となる主食ですが、白米に雑穀を混ぜて炊きます。スーパーに行くと、「10雑穀」とか「16雑穀」といった商品や、「もち麦」「キヌア」「チアシード」「アマランサス」といった単品の雑穀もあります。どれでも構いません。いろいろ試して、香りや歯ごたえなど、好みの雑穀を見つけると良いと思います。白米を炊く時に少量混ぜるだけです。

必要なのは、雑穀に含まれる食物繊維と微量栄養素です。

これだけでも、身体に良い変化が出てくるはずです。といっても、どんな変化が出てくるのかは、別の記事でお伝えします。というのも、これまで大量の食品添加物を身体に貯めてきた場合、今度は溜まった毒素が細胞から血液に溶け出すため、一時的に身体が重くなったり、頭痛がしてきたりします。いわゆるデトックス(毒出し)の際に見られる好転反応です。

身体の異変が起きると、「食べたものが悪かったのか?」と不安になるかもしれません。また、細かい症状がありますので、私自身の体験も踏まえて、別の記事で詳細にお伝えします。

これを超えると、身体が軽くなります。

また、雑穀を利用するときは、同時に動物性のものを一時的に減らすか、なくすることをお勧めします。動物や魚の肉、卵、牛乳や乳製品です。なぜそれらを避けるのかは、別の機会にきちんと解説します。まずは1か月試してみると、その効果を実感できるでしょう。具体的には、お腹周りの脂肪が落ちてきます。

もちろん、雑穀米も、野菜主体の副菜も、毎日好きなだけ食べて良いです。天ぷらなどの揚げ物も、食べたいだけ食べて大丈夫です。それでも痩せてきます。

「たんぱく質を食べないといけないのでは?」と心配になる人は、豆腐と納豆をうまく利用してください。もっとも、雑穀米を食べていれば、豆腐や納豆もほとんど必要ないのですが……。(これは、私自身の身体で実験済みです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です