ゲノム編集食品 日本で人体実験始まる

2019年10月1日から、日本でゲノム編集食品が晴れて自由に販売されることになります。すごいことになりました。この強烈なインパクトは、感じる人にとっては天変地異といえるクラスの大災害でしょうし、感じない人にとっては「安く買えるんだからいいじゃん」という朗報なのでしょう。

このギャップがあまりにも大きいので、国会での議論や、メディアが騒ぐこともなく、すぐに風化するでしょう。なので、これから日本で暮らしていくためには、自ら安全な食べ物を探し出して、確保するしか道はありません。(かなり厳しいと思います)

この問題は、ほとんど日本で議論になりませんでしたし、メディアも追及しませんでした。なぜかというと、遺伝子を編集した食べ物については、「自然のものとの区別がつかないから」というのが政府の考え方だったからです。見分けがつかないから規制できない──。

一方、国際政治の舞台からこの問題を俯瞰すると、アメリカで先行してゲノム編集した大豆の食用油が販売されていて、その売り先に困ったから日本に売りつけよう、という事情がありました。それを現政権はもろ手を挙げて歓迎したのが真相です。

ヨーロッパでは、もちろんゲノム編集を「遺伝子組み換え」と同列に扱っていて、自由に販売することはできません。何も考えず門戸開放した国は、日本だけです。

ゲノム編集食品は、一度入り込んだら防ぐことはできません。この怖さは、人工的に突然変異させる技術ですから、実際に食べてから何が起こるかわかりません。強烈な毒素を合成するかもしれないし、人間の遺伝子に突然変異をもたらすような物質を合成するかもしれません。

いまは大豆油が製品化されているだけのようですが、実験中のものは、さまざまな農作物、家畜、魚とあらゆる生命の遺伝子をいじくっています。おそらく、日本の市場が開放されたので、次々にゲノム編集食品が商品化されて入ってくるでしょう。しかし、表示はされないので、天然のものとの区別はつきません。

つまり、われわれ日本人が無期限の人体実験させられるというわけです。

私は、子供や孫を守るために、無肥料・無農薬の農作物をつくり続けます。自家採種ですから、ゲノム編集食品ではありません。また、この農作物をエサにして、自然な飼料で自然な家畜の飼育にもチャレンジすることになるでしょう。

まずはお米を確保する仲間を募集しています。お米は自然農法20年以上の知人がつくっています。野菜は私や仲間が作っています。味噌や醤油をつくる仲間を探している途中です。子供や孫の身体で実験させられるのはまっぴらごめんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です